工事で失敗しないために!【ブロック工事業者を選ぶコツ】

ブロック工事を検討する~費用が安すぎるのは要注意!~

ブロック工事を行う場所

コンクリート工事と違い、ブロック工事は小さな場所で行われることが多いです。例えば、花壇や車庫、倉庫、ブロック塀などです。コンクリート工事は家の基礎を作るときや、柱などを作るときに行われます。ブロック塀を立てるときや車庫を広くするときなどは、ブロック工事の業者に頼むといいでしょう。

業者の選び方

見積もりが明確か

業者に依頼する時には、施工前に必ず見積もりが出されます。この見積もりに曖昧な点が無いか、細かいところまで目を通しましょう。もし曖昧な点があれば、それが何の費用なのか確認するのが大切です。あいまいな部分に関して質問しても、ハッキリ答えてくれない業者なら避けた方がいいですね。

道具の手入れがきちんと行われているか

工事を安全かつスムーズに行うために、信頼できる業者はきちんと道具の手入れを行い、丁寧に扱っています。道具や材料の点検を定期的に行っているか、雑に扱っていないか確認できるようならしておくといいですね。近所で工事しているところを見かけた際はチェックしておくのもいいでしょう。

評判をチェック

信頼できる業者であれば、その地域での施工実績が多いはずです。また、実際にその業者を使って工事を行った人がいれば、どういう業者だったか聞いてみるといいですね。評判を載せているサイトがあるか調べてみるのもいいでしょう。業者のホームページに施工実績を載っていることもあるので、忘れずに見ておきたいですね。

工事で失敗しないために!【ブロック工事業者を選ぶコツ】

住宅工事

ブロック工事の費用

ブロック工事の費用は1平方メートル辺りの金額が設定されています。業者や使用するブロックによっても異なるので、複数の業者から見積もりを取って比べてみるといいでしょう。あまりに安い金額の場合は、費用を抑えるために手抜き工事を行う可能性もあります。手抜き工事は仕上がりだけでなく安全面でも心配なので、そういう業者には気を付けたほうがいいですね。

作業の流れ

業者の候補が決まったら、問い合わせを行い見積もりを出してもらいましょう。その見積もりに納得できたら、工事を依頼します。工事に関しての疑問や不安があればこのときに相談しておくといいですね。工事日は相談できるので、予定に合わせて設定しましょう。作業当日はスタッフからお願いされない限り、依頼主が作業する必要はありません。